MENU

債務整理を行うことに

債務整理を行うとき、家族や周りの方に知られることがないのか心配になってしまうのですが、ほかの方に知られることなく行うことは可能です。
まず、債務整理の方法によって裁判所を通して手続きを踏むことになるのですが、この際官報に事実が記載されることになります。

 

とくに、自己破産を行った時には、破産申請をした方の名前や住所などの情報が記載されることになるのですが、官報については裁判所などの限られた場所でしか見ることはできませんので、近所の方や会社の同僚に知られてしまう心配は少なくなってくるのです。
ただ、家族に内緒で債務整理を行おうと思っても、生活上で不都合も起こりやすくなってきますので、家族には債務整理を行うことを告げておいたほうがよいでしょう。

 

債務整理を行うことにより、一定期間クレジットカードを作ることができなくなったり、ローンを組むことが難しくなってしまいます。
生活を送っていれば、クレジットカードが必要になるときも出てきますし、車や住宅などの購入の際にローンを組む必要も出てきます。

 

この時になって、家族に債務整理をおこなったことがばれてしまうと、後々の家族の亀裂につながってきますので、手続きを行う前には相談をしておくとよいでしょう。

闇金は闇の深い業者です。

闇金とゆうのは、貸金法に基づいて営業をしていない金融業者のことです。
通常、金融業を営むためには、国や県に対して営業を行うための届け出を行わなければいけません。

 

届け出を行った業者は貸金法に基づいた営業を義務付けられ、決められた金利や暴力的な取り立て、暴力団とのかかわりなどがある場合、厳しく罰せられ貸金業を続けられなくなるよう法律で決められています。
しかし闇金と呼ばれる貸金業者は、国などに届け出を行っていない業者ばかりで、法律に縛られずお金を貸出ししています。

 

ですから、法律で決められた金利以上の金利を取ったり、暴力団がバックにいたりする場合が多く、お金を借りると非常にリスクが大きくなります。
しかし闇金を利用する人は後を絶ちません。

 

これは総量規制により、一般の金融業者からお金を借りられなくなった人が闇金へ流れていると推測されます。
闇金の場合総量規制に縛られることがなく、総量規制に引っ掛かった人やブラックリストに載っている人にでもお金を貸し出すことができるため、お金に困った人が闇金を利用してしまうのだそうです。

 

しかし闇金の金利や取り立ては非常に厳しいですし、法外な要求をされることも多いので、使用しないほうが良いと思います。
闇金は名前の通り闇が深い金融業者ですから、その点を十分に理解してほしいです。

闇金被害防止には金利がポイント

金融機関からお金を借りると、必ず利息を取られます。
たとえばキャッシングなどで借り入れをすると、その返済は、元金に利息をプラスして返さなければならないのです。

 

何しろ金融機関も商売で貸し付けを行う以上は、キャッシング利用者も利息の支払いは仕方がありません。
ところで、その利息というものは、「借り入れ金額×金利(年利)÷365日×借り入れ日数」という計算式で表すことができます。

 

つまり利息は金利で決まるのですが、その金利は、決して金融機関が自分の思うがままに決めることはできません。
金利は金融法など、法律の範囲内で設定されなければならないのです。

 

ところが、闇金はその法律を無視して、自分勝手なとんでもない高金利でお金を貸すのです。
ですから下手に闇金からお金を借りると、返済しても返済しても元金はなかなか減らずに、利息ばかりを搾り取られてしまうのです。

 

それゆえ、どんなにお金に困っていても、絶対に闇金だけは利用してはいけません。
また、間違って闇金に引っかかってしまわないようにするためにも、お金を借りる前には金利だけは絶対に調べなければなりません。
借金返済の方法なら

 

他社と比べて異常に高い金利の業者は、闇金と考えて間違いありません。
利用は止めるべきです。